鉢植え梨栽培




2014/5/11

あきづき

2014/5/11

なつしずく


2014/5/11

ラ・フランス



2014/5/11

バートレット



梨には和梨と洋梨があります。

洋梨は和梨よりも耐暑性が強く
和梨が葉焼けを起こす当園の環境下でも
葉焼けも起こさず耐病性も強いので
和梨よりも育てやすい果樹です。

梨の花も美しく見応えがあります。

ニホンナシとリンゴの属間交雑による
結果率は,16.9%〜24.1%と高いものではありませんが
品種によっては相互に受粉する事ができます。
*果樹としては充分な授粉率です

管理はリンゴに準じますが
主要疾病の黒星病・赤星病の防除が必須です。


2013/8/6 なつしずく(10号鉢 5果収穫)




2013/9/01 あきづき 大果(10号鉢・5果)



梨は一般的に自家結実性が無く
他家受粉させる為に受粉樹が必要とされていますが
岩手県の果樹試験場の交配調査によると
洋梨のラ・フランスやシルバーベル等の主要品種の多くが
単為結果や自家受粉で結実するとされています。
*果実肥大は劣るので他家受粉が良い

勿論、和梨にもおさゴールドや おさ二十世紀などの
自家結実率の高い品種が幾つか存在します。

当園では洋梨を育てていましたが
2010年シーズンより和梨も導入しました。

リンゴ・梨は芽吹き易く
明らかな芽が確認出来なくても
不安無く主幹の切り詰めが出来ます。




梨の結果習性は頂性花芽及びえき生花芽と言う枝先端とその周辺に花芽の付くタイプのため
切り戻し剪定は花芽の着生箇所を剪除してしまう事になり開花しなくなります。

2013/9/5 バートレット(10号鉢)

栽培は容易だが枝が柔らかく
果実の重さで大きく下垂する為、樹形管理し難い品種



リンゴ同様に樹勢が強く良く伸びるので木の大きさを調整するための切り詰め剪定は
結実を遅らせるだけで更に樹勢が落ち着かず矮化したい場合は逆効果となります。

短果枝を多く作り結実させる事で生長を抑制し樹冠の広がりを抑える必要があります。

その為には幼苗時の切り戻し剪定は行わず、新梢先端に花芽を着生させ
そこに結実させる事で樹勢を落ち着かせ短果枝の発生を促すと管理し易い状態となります。



2013/09/07 ル・レクチェ(10号鉢)




発生した主枝候補の枝は誘引します。

栽培難易度の高い果樹ほど
結実が樹形に影響を受けます。

主幹形・開心形etc

色々な樹形がありますが
趣味なので結実し易い樹形と
見た目のバランスが取れれば最高です。




植え付け

休眠期に根を消毒して植え付けます。
梨は深根性なので深鉢を使用します。

*鉢での果樹栽培は全て深鉢を使用する事。

主幹は鉢の高さ程度に短く切り詰めます。

殆どの鉢植え果樹の倍土に牛糞堆肥や
腐葉土等の土壌をフワフワにしてくれる資材を
必ずブレンドしています。

和梨・洋梨共に梨の根は風や直射日光に弱く
植え付け時に乾燥させない様に注意します。


倍土はPH6程度の弱酸性を好みます。





10号鉢のル・レクチェ

樹高が低いため台風でも転倒しない(鉢植えでは重要な要素)
梨の根は乾燥に弱い為、植え付け時だけでなく植替えの際にも決して乾燥させないように注意します。

2013/09/07 シルバーベル 地植えクラブアップルへの接木


施肥

他の多くの果樹と同様に秋肥を効かせる事が重要ですが
梨は6〜7月に掛けて窒素を与える事で
花芽が付き易くなります。

一般的に花芽分化期には
その間の栄養生長を鈍化させる為に
窒素が少ない方が良い果樹が多いのですが
リンゴと梨は花芽分化に窒素が促進的に作用します。

自然科学においては
自然現象を擬人化してはいけない事は常識ですが
「果樹は生命の危機を感じると子孫を残そうとする」
と言う人間に都合の良い考え方の通用しない典型です。

秋の元肥に年間施肥量の8割
芽吹き直前に残りの1割の追肥を与え
6〜7月にも1割の追肥(窒素)を与えます。
*新梢の伸びが止まらない場合は多肥状態




剪定

地植えと鉢植えで剪定方法が変わる訳ではありません。
果樹は全て結果習性に基づいた剪定を行います。

幼苗の内は間引き剪定が基本です。
樹勢が強く
切り詰め剪定をすると樹勢が強まり結実が遅れます。

結実が遅れる事により樹勢が落ち着かず
更に管理が難しくなります。
果樹栽培において最大の矮化効果を齎すのは結実させる事です。

活動中の剪定は枝が暴れる原因となるため
剪定は落葉後に行います。
*夏季剪定は花芽が確保出来なくなる
可能性があるため行いません。

参考書などでは
冬季剪定で枝の1/3程度を切り戻し短果枝を出す
と、されているものが多いのですが
他の果樹も含めて
その方法では短果枝を作る事は出来ません

リンゴ・梨に付いては多くの栽培研究がされています。
短果枝作りの為の剪定方法や管理方法は
産地の栽培指針や研究レポートを参照します。



2013/09/07 シルバーベル 地植えクラブアップルへの接木


サクランボ・リンゴ・梨などの主要果樹は
経済的な効果も大きい為に多くの研究レポートが存在します。
その果樹の特性を知る為には果樹試験場等の調査・研究レポートを参照すると間違いありません。



潅水管理

リンゴと共に水切れには弱いので乾燥させ過ぎないように注意します。

梨は果樹の中で耐乾性が最弱です。

特に根の乾燥に極端に弱く、数多くある果樹の中で唯一
植付け時に「根を直射日光に当てない」「風に当てない」「絶対に乾燥させない」等の
注意事項が表記されているのは梨だけです。

潅水管理のミスによりちょっと葉がクッタリした程度でも簡単に葉が壊死するため
栽培中の夏場の水切れには特に注意の必要な樹種です。

一方、耐湿性は中位とされ鉢内に滞水しない普通の倍土さえ使用すれば
過湿には殆ど気を使う必要はありません。


追熟中のバートレット
ル・レクチェの追熟




無農薬の場合は間違いなく赤星病・黒星病・黒班病の発生があり無農薬栽培は不可能です。

梨の天敵とも言える黒星病や黒班病は発生してしまうと治療は非常に苦労します。
全ての果樹に共通する事ですが発生した病気の治療は困難を極めますが
特に梨の主要疾病は凶悪なものが多く、サクランボ・リンゴと共に難易度は高い果樹です。

先ずは病気を発生させない事が重要ですが
栽培品種を選択する際に主要疾病に対して耐病性や抵抗性を持つ品種を選択する事が
その後の栽培に大きく影響します。

梨栽培はその事を痛感させてくれる果樹でもあります。

注)梨と洋梨では農薬の登録が異なります。







Copyright (C) 2010 Viva potfruits. All Rights Reserved
全てのページにおいて各FAQのサイトや掲示板・ブログ等への無断の直リンク・リンクは固くお断りします。その様なサイトからのアクセスは全て遮断します。
































































































    inserted by FC2 system